人生オワタカの冒険~マダガスカル編(ノ・シベ)~三日目②異国の地で小銭のために頑張る男、異国で命落としがち

空港まで4000アリアリという男に案内されたタクシーに胡散臭いなと思いながら乗り込み、車が発車した まず向かったのはガソリンスタンド 給油するらしい 給油が終わって走り出す前に、なんとなくだが、確かに俺は案内人の男に4000アリアリで空港まで…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(ノ・シベ)~三日目①ノ・シベは別に来なくてよかったなと思いながら空港に向かう男

朝8時に起床 朝明るくなってから、再度部屋の電気のスイッチを探したけどやっぱりなかった ホテルで海を見ながら朝食 オムレツとフランスパンとコーヒーで8000アリアリ(約200円) 味はまあ普通って感じ だらだらと準備をして、朝10時ころ、チェッ…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(ノ・シベ)~二日目⑤アンバトゥルアカの夜は何事もなく平和に過ぎていく

海辺のレストランから移動し、もう一飲みしようと思い歩いていると 交番があった え、交番だよな? すごく居心地悪そう 狭いし、暑いそうだし、外から丸見えだし、なかなか大変そうだ そりゃノ・シベに警察官がいないわけないよなと思って中を覗いてみたけど…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(ノ・シベ)~二日目④ノ・シベそこは海しかないリゾート地だった

なんとかトロピカルパラダイスノ・シベを見つけることができたが、まだ11時前だったのでチェックインできず、隣のホテルのカフェで一服 目の前が海で和む 12時になりホテルにチェックインした ホテルは海の真ん前 部屋からダッシュすれば10秒で海にダ…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(ノ・シベ)~二日目③地獄の乗り物タクシーブルース

エルヴィルの街の広場でタクシーブルースに案内された 止まっていたのは乗り物バン へえ、この乗り物タクシーブルースっていうんだ で、ブルースって何? という疑問は沸いたが、質問することなく、タクシーブルースに乗車した 車内には乗客9~10人ほどが…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(ノ・シベ)~二日目②エルヴィルからアンバトゥルアカに移動

特に何事もなくノ・シベに到着した 島の面積は312㎢ ノ・シベの空港もこじんまりしている そして安定の飛行機から降りて歩くスタイル 何時間かかったかは覚えてないし、調べるのもめんどくさいからわからないけど2~3時間くらいじゃないだろうか 空港の…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~二日目①ノ・シベに移動の日、寝坊

やべえ寝過ごした! そう思ってカバっと起き上がった 前日、アソコトリの男になってしまったショックからか、目覚ましもかけず眠りこけてしまったらしい 頼む!6時とかそんな時間になっていないでくれ!そう思いながらスマホを開くと午前3時9分だった こ…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目⑧ボンバーヘッド女子とアソコトリの男

引き続きグレイシャルバーで飲んでて、店内を見まわしていると、一人ちょっといい感じのお姉ちゃんがいるのを見つけた 頭はボンバーヘッドだけど顔はかわいい系 でもフランス人っぽい太ったおっさんが席に召喚している様子 ボンバーヘッドを含めてなかなかい…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目⑦グレイシャルバー夜の部はお姉ちゃんたくさん

目的のmojoバーがやってなくて、ただ散歩だけして再びグレーシャルバーに帰ってきた俺 昼間とはバーの雰囲気が変わっていた 昼間より客が多いのはもちろんだが、バンドが生演奏なんかもしている 音楽を飲みながら飲んでいるだけでも楽しい 壁際にはお姉ちゃ…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目⑥実は内心ちょっとビビりながら夜のロング散歩

イタリアンレストランを出て、暗闇の街をmojo barに向けて歩き出した俺 治安の良し悪しすら不明なままの夜歩きは、ドキドキ半分わくわく半分な感じ 暗いところはほんとに暗くて、街路灯すらない感じ 逆にmojo barのある通りは、少しだけ店があったり、街路灯…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目⑤マダガスカルの初食事はイタリア料理

グレイシャルバーを後にしてふらふら歩いていると、広場に人だかりができていたので、吸い寄せられるように近づいて行った どうやら大道芸人が人だかりの真ん中の空間で芸を披露している様子 白Tにきれい目デニムのお兄ちゃんが、みんなに注目される中、蛇を…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目④グレイシャルバーに突入

マダガスカルのことは全然よくわからないので、とりあえず予習情報の中にあったグレーシャルバーというバーへと向かうことにした ホテルを出たところで、地図アプリを起動 オフラインだからかマップスがうまく動かず見ても方向が全くわからない soleホテル前…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目③sole hotel到着しマラリアの恐怖に震える

おんぼろだからエアコンがないのは当然として、内側からドアを開ける取っ手すらなかった こんなボロボロの状態でも走れるんだと少し感心したほどだ 運転手がフランス語みたいな言葉で話しかけてきたが、「ノ、フレンチ」とかなんちゃってフランス語で答えて…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目②両替所そしてマダガスカルのタクシー

マダガスカルに到着したわけだが マダガスカルの空港は思ってた以上にこじんまりしている 飛行機から降りて徒歩で空港の建物へ移動 気温は結構高くて安心した 建物内に入るときに、体温計みたいなのを額に当てられ、ピッっと図っていた 風邪ひいてたりしたら…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編(アンタナナリボ)~一日目①アフリカ到着・・・思えば遠くへ来たもんだ

朝5時、俺はタイからの9時間のフライトを終え、エチオピアのアディスアベバの空港に満身創痍の状態で降り立った タイではトランジットだけで空港から出ていないので、日本を出てもうどれだけ経っているのかよくわからない とにもかくにも初めてのアフリカ…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編~旅行の準備③

A型肝炎、腸チフス、破傷風、マラリア の予防接種をうったあと、マダガスカルはめんどくさいことにビザがいるので、ビザの手続きをすることにした 東京の大使館まで行くのは地方民の俺からすると骨が折れるので、代行申請を使うことにした 代行申請はわりと…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編~旅行の準備②

なんだかんだで、マダガスカル行を決めた俺 地図を見てみると思ったよりも南の方にあるなという印象を受けた そもそもマダガスカルという名前は某宇宙海賊のネタで聞いたことがあるくらいで あんまりなじみはない 俺の持っていた漠然としたイメージでは、ジ…

人生オワタカの冒険~マダガスカル編~旅行の準備

ロシアショック(個人的)からまだ立ち直れていない、まだ世界崩壊前の、若干蒸し暑い初夏の土曜日のある日 いつものように寝転がりながらあれやこれやとやっているときに ふと 「アフリカいってみようかな・・・」 ぽそりと、狭いわが家の寝室でパソコンを…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目⑦働いてる感はあったよねたいして働いてないけどさ

15分ほど休憩して、また作業に戻る 水位はようやく膝くらいになってきた。その後もひたすら床のカスを削いでは踏んで真ん中にあるポンプの方に送る作業を無心でひたすら繰り返したしばらくして再び休憩 まってました! 時間を見ると4時 2時と4時に休憩をす…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目⑥2時間半は経ってると思ったら1時間しかたっていなかった時空が歪んでいる

12:30になり、ようやく作業をするときが来た カッパと手袋はあるか?と聞かれ、カッパはあるけど手袋はないというと、手袋がないのはヤバいからと言って手だけ覆える手袋を貸してくれた 班長の手袋はゴム製の肘まであるやつだが、俺には貸してくれたのはちょ…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目⑤引き続き一生懸命休憩してる、頑張ってるよな・・・

引き続き休憩していると、前歯のないおじいさんの班の人たちが休憩に来た休憩していると70過ぎのおじいさんが話しかけてきて、「兄ちゃんはあれやろ?普段こんな仕事しとらんのやろ?」といってきた まあ、働いてないしな と思って、つい、「まあ、せやな」…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目⑤休憩だって立派な仕事さ、頑張ってるよな・・・

打ち合わせと安全点検が終わり、作業が始まった倉庫内にあった長いハシゴを貯水槽まで運び、貯水槽内の汚い水を抜く為のポンプを貯水槽に入れて水抜きを始めた班長のおっさん曰く、小一時間もすれば水が抜けるから、作業はそこからとのこと貯水槽はざっと見…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目④だってわたくし根っからの安全戦士ですから

午前7時半ころ現場到着現場はどこかの工場の敷地内 工場はなかなか立派な工場だ すごく広い現場着いたものの、始業時間がまだなのか、とりあえず喫煙所的なところで座って待機8時ころ班長に胴長と言われる水に入っても大丈夫なオーバーオールみたいなやつを…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目③殻出しかと思ったら全然殻出しじゃあなかった件について

とりあえずお弁当を確保して着席した 近くのテーブルでは何やら偉い雰囲気の人が今日のどこどこの現場はどういう配置にするかみたいなことを話している 他の人はテレビを見たり、たばこを吸ったり、飲み物を飲んだり、スマホを見たりと思い思いに過ごしてい…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目②轟け俺の写輪眼

兄ちゃん、現金いらんか?と言われ、車内に乗り込むと、おっさんしか車に乗っていないと思っていたけど、20代、30代の人も若干いるのがわかった しばらく座っていると、車内で名前が呼ばれ、呼ばれた人は別の車に乗り換えさせられていた この時呼ばれた…

人生オワタカの冒険~日本編~三日目①前日は祝日だったが、今日は平日センターは盛況

翌日、この日も朝4時起床 この日の天候は雨 テンションバカ下がりである 雨じゃねえか!とか一人でぶつくさ言いながらドヤでうだうだしていたが、ようやくやる気を出して 5時過ぎにようやくドヤを出て、前日同様、あいりん労働福祉センターへと向かった 雨…

人生オワタカの冒険~日本編~二日目②てはいしあんこあぶれどやにどね

センターの北側で面白いこと全然なかったなと思いながらたたずんでいると、一人のおっさんが近づいてきて 「兄ちゃん、土木の経験はあるか?」 と声をかけてきた もちろん土木の経験はなかったので、「いや、ないけど」というと、おっさんは何も言わずに俺か…

人生オワタカの冒険~日本編~二日目①西成の朝は早い

翌日、スマホのアラームで目を覚ますと体がかゆい 目を開けると、電気がついたままの薄汚い天井が目に入った 知らない天井である 朝四時、俺は目を覚ました 布団は敷かずに、重ねてある布団の上で寝たが、当然のようにダニに食われまくっていた たぶん布団を…

人生オワタカの冒険~日本編~一日目②高級宿とホルモンの街西成

新今宮駅の南側一帯はあいりん地区、広くとれば西成区と言われる場所らしく このあたりはいわゆるドヤ街と呼ばれる場所らしい ドヤとは簡易宿泊施設のことで、このあたりは他と比べると値段とかが安いらしい いくつものドヤがあり、優柔不断の俺はどこにしよ…

人生オワタカの冒険~日本編~一日目①日本のポテンシャルを信じて西成へ

某祝日前の木曜日 俺は大阪の動物園前駅に降り立った 立っているだけで汗が出てくるくらいの季節である あちいぜ 天気は晴れ 左手の方を見ると、あべのハルカスが見える あべのハルカスを名前でしか見たことがないので、少し遠くにそびえたつあの建物が本当…

プライバシーポリシー