人生オワタカの冒険~キューバ編(メキシコ)~六日目③紳士の園こと香港ジェントルマンズクラブ

うめえ屋台のタコスを頬張り満腹状態である

正直2個食った

 

腹ごしらえもすまし、満を持してhong kong gentlemans clubへ行くことにした

名前にジェントルマンが入ってる辺り相当なジェントルマンが集うクラブに違いない

f:id:jinnseiowataka:20190610005336j:plain

店の中に入ってすぐのとこで入口で荷物検査を受け、中へ入った

何を持ってるとダメなんだろうか

武器とか?

とにもかくにもメキシコのゴーゴーバーデビューである

中に入ると爆音で音楽が流れている

タイのゴーゴーバーよりも音がでかい

お客がかなり多く非常にはやっている

店の中がすごい広くお姉ちゃんがいるフロアは2階建て構造

お姉ちゃんが踊っているのは1階部分

いくつか小さい島があり、そこでお姉ちゃんが踊っていたり、真ん中に大きなステージがあってそこでお姉ちゃんが激しいダンスをしていたりする

二階は1階のステージが上から見下ろせてお姉ちゃんを侍らせながら1階よりは割とゆったり飲める感じ

2階より上は槍部屋になっている

2階部分のところどころにVIPルームがある

噂によるとvipルームでは尺ってくれるとか手コイてくれるとか諸説ある

店内のいたるところでお姉ちゃんが待機していて交代でダンスをする感じ

そのあたりはタイのゴーゴーバーとちょっと似てる

香港と名がついてるだけあってアジアにちょっと寄せてるのか知らないけど江南スタイルが流れていためちゃくちゃなつかしい

 

なんとか空いている席を見つけ若干物理的に窮屈な思いをしながら座ることができた

酒を頼み一人で乾杯

真ん中の大きなステージでお姉ちゃんがすごいダイナミックに踊っている

ケツをブリンブリン揺さぶる様は圧巻

さながらケツのデンプシーロールって感じの動きだった

店内の紳士の立ち振る舞いを見ていると、真ん中のステージでブリンブリン踊っているお姉ちゃんが紳士に近づくとテーブルの上に積んである1ドル紙幣をお姉ちゃんの挟める部分に挟み、1タッチというか1揉みするという感じでやっていた

めちゃくちゃ紳士じゃねえか

紳士過ぎてビビったわ

お姉ちゃんの感じはムチムチ系が多い

細身好きの俺には肩身が狭かった

狼藉を働いている輩はぱっと見見当たらなかったな

ジェントルマンズクラブだからだろうか