人生オワタカの冒険~日本編~三日目⑦働いてる感はあったよねたいして働いてないけどさ

15分ほど休憩して、また作業に戻る

水位はようやく膝くらいになってきた。その後もひたすら床のカスを削いでは踏んで真ん中にあるポンプの方に送る作業を無心でひたすら繰り返した
しばらくして再び休憩

まってました!

時間を見ると4時

2時と4時に休憩をするのが常識なんだろうか

歯のないおじいさんの班はこの時点で作業が終わり、既に片付け中とのこと

ずりい!と思ったが、こちとら午前中丸っと一生懸命休憩していた身、贅沢はいえない

その後も同じような作業をして、ようやく時間も五時になり、ようやく貯水槽もある程度きれいになったところで、作業終了

そこから、今日の作業の結果を点検してもらったり、ポンプやホースやハシゴを片付けたりしてようやく全工程終了

班長に借りた手袋を返そうとしたら、それあげると言われたのでもらった

いらないけど

車に戻ると、歯のないおじいさんの班の人は車内でくつろいでいた

着替えていると、「オワタカさん!」と名前を呼ばれ、この日の報酬が配られた

折り畳まれた封筒に一万が入っていた

その後は堺駅まで送ってもらい、解散となった

駅でカッパともらった手袋と前日に買ったヘルメットはすぐ捨てた
拘束時間12時間で1万

時給換算すると時給800ちょい

日雇いする前は1日働いて一万って結構いいんじゃないかと思っていたが、正直しんどいし、安定しないし全然割に合わない感じがした

まだコンビニでバイトした方がマシだと感じたが、履歴書も必要なければ面接もない、誰でも働くことができるというところが強みなんだろう

そんなこんなで西成に二日間お世話になったわけだが

俺的には、この街は嫌いではなかった

街には人間の成れの果てのようなのがうようよしているし、落ちぶれた人間が最後に来るところみたいなところでもあったが、どことなく居心地がよく、また来てもいいかなと思えるところであった

日雇いについても、体を張って金を稼いで、なんだか働いている!っていう感じがしたような気がした

まあやってよかったか悪かったかでいえば、まあよかったんじゃないかなあとは思う

もうやらないけどね

しんどいからさ

ちなみにもらった一万はこの後いった高級料亭で15分で消えた

おしまい

プライバシーポリシー