人生オワタカの冒険~キューバ編~三日目⑫俺と鬼とブスの狂気の宴

前日行ったピアノバーが定休日で、他にお姉ちゃんのいるバーが見つからずセントラルホスピタルのあたりをフラフラいていたら自称ミュージシャンの男女二人組に出会い、なぜか一緒にモヒートを飲むことになり男の知り合いがやっている鉄格子に囲まれた食堂のようなところへやってきた

モヒートが運ばれてきて3人で乾杯

鬼刈り上げのミュージシャンの男はここのモヒートは世界一だぜ!と言っていたが俺としてはごく普通のモヒートだった

鬼刈り上げの男の方は英語が達者だったが丸顔ブス女の方は英語がほとんどしゃべれないらしい

男曰く、シンガーの女はガールフレンドだという

なぜか心から「おめでとう」と祝福ができた

飲んでいると「お前サルサは好きか?」と聞かれた

全然好きでもないが、一応「踊れないけど聞くのは好きだよ」と答えた

男はなんだよそれ、サルサは踊ってなんぼだろ!とか言い出し、よしわかった俺がサルサを教えてやるよと言って、前日に続きサルサ講座を受けることになった

俺のリズムに着いて来い!そういって男同士で腰を密着させてサルサを踊った

その後、丸顔ブス女とサルサを踊った

やたら距離が近い

かわいければ嬉しいところだが現実は甘くない

ひとしきり踊った後はまた乾杯してまたサルサを踊っていうのを繰り返した

男はそれはもう陽気な奴で腕にキューバの形をしたタトゥーを入れており、ことあるごとにお前にキューバパワーを注入してやると言って汗でべとべとの腕を密着させてきたりととにかく変な奴だった

かれこれ2時間くらいのんでたんじゃないかな

一人かれこれ6、7杯以上は飲んでそこそこ酔っぱらってきた

男がトイレに行き丸顔ブス女と二人きりになった時丸顔ブス女がいきなりキスしてきた

お前ふざけんなよ・・・普段ならそう思うところだが

いかんせん酔っぱらっていたので普通にキスしてしまった舌まで入っていた

そもそもお前鬼刈り上げの彼女じゃねえのかよ

その後もしばらく飲んでいたが、女が男にスペイン語でなにやら言うと

突然男が、「さっき、この女が彼女っていったけど、あれ嘘なんだ」とか言い出した

何そのカミングアウトと思っていると、なんかこの子がお前のことが気になるとか言ってるぜとか言い出した

全然嬉しくねえと思っているとなぜか男が「ユー、キスしちゃいなよ」と言い出した

何その流れ意味不明すぎるんだけど

酔っぱらっていたとはいえ

じゃあキスしちゃうかと言って丸顔ブス女と思う存分キスした自分を殴ってやりたい

スマホ貸しくれと言われ、男にスマホを渡すと写真撮ってやるよと言って丸顔ブス女とキスしている記念写真を撮ってもらった

翌朝丸顔ブス女とキスしている写真が10枚近くあるのを見て愕然としたことは言うまでもない

f:id:jinnseiowataka:20190204212909p:plain

その後女が一緒に私の部屋に行こうと言ってるとと男が言い出した

全然ありがたくない申し出であったが、キューバまで今のところ成果なしという事実が背中を押した

いいぜ!そう言って快諾してやった

女曰く、決して一緒に部屋に行く代価ではないが、ちょっとお金をくれないかとのこと

ネイルやおしゃれをしたいからそのお金をちょっと面倒見てくれないかということらしい

どう考えてもご一緒する代価だが一応のプライドなのかなんなのか知らないがそういうことにしたいらしい

まあなんでもいいんだけどね

値段を聞くと40クックとのこと

マレコンストリートよりも安いけど、レベルはマレコンより完全に下である

何せ丸顔ブス女である

男とは食堂で別れ、食堂の外にいた自転車のリキシャのような乗り物で部屋へ行くことになった