人生オワタカの冒険~キューバ編(アメリカ)~一日目①一つも楽しくないアメリカでの乗り継ぎ

旅行当日、とりあえずアメリカのロサンゼルスへつつがなく飛行機が到着した

ディレイは一切なかったので乗り継ぎ時間は5時間ほどある

ロサンゼルスでの乗り継ぎはかねてから頭を悩ませていたことがある

入国せずに乗り継ぎができるできない問題である

俺の持っているチケットはアメリカまでの航空会社とアメリカからメキシコ→キューバまでの航空会社が違う

そのため、もし俺が荷物を日本で航空会社へ預けてたとしたら間違いなく荷物をピックアップするためにアメリカへの入国が必要だろうと思う

しかし俺はすべての荷物をかさばりまくりながら機内へと持ち込んでおりアメリカからの飛行機のチケットもウェブチェックインをして持っている

そのため、荷物をピックアップする必要がないので入国せずにそのままトランスファーできないかと思った次第

というのもロサンゼルスの入国は時間がかかるとネットに書いてあったため、搭乗まで時間の余裕は取ってあるとはいえちょっとびびっちまったわけだ

結論から書くとトランスファーにせよなんにせよ入国は不可避だった

ロサンゼルスの空港に到着し、トランスファーゲートを探しながら道なりに歩いているといきなりイミグレが現れた

f:id:jinnseiowataka:20180927220319j:plain

しかもめちゃくちゃ混んでいる

なんだよちくしょう

と思いながら列に並ぶ

何分かかるか全然読めない

ロサンゼルスの空港はイミグレの前に機械で手続きをしないといけない

変な機械にパスポートを読み込ませると、その機械で指紋を取られる

なぜかなんどやってもうまくいかないでいると機械から紙が出てきた

おや?成功したのか?と思って紙を見ると、俺の顔の所に大きくバッテンが書かれていた

まじかよ大失敗してんじゃねえか

でも紙は出てきたのでよくわからないけど先へ進むことにした

50mくらいの列が4段ほどの列に並んでいると係員みたいな人がいたので

さっき機械で登録したら顔にバッテンついてるんだけどこれ失敗してんの?と聞いてみた

係員は問題ない問題ない列に並んで大丈夫、バッテンが付いてるとイミグレで少し質問をされるだけだから

と言っていた

英語とか全然わからないから恐れおののきながら列に並び続ける

列を4段消化するのに1時間30分かかった

待たせすぎでしょ

その間何一つ面白いことおきなかったわ

1時間30分かけてようやくイミグレの順番が回ってきた

でかでかと俺の顔にバッテンと書かれた紙を渡すと何やら聞いてきたがよくわからなかったのでへへへって笑いながらイエスエストランジットイエスとか言っていたらなんとかなって無事アメリカに入国した

荷物レーンをスルーし先へ進むとトランジットゲートのマークがあったので蛍光灯に吸い寄せられる蛾のごとく近づいていくと廊下に立っていた空港職員が声をかけてきた

「乗り継ぎか?どこの会社だ?」

俺は素直にアエロメヒコの飛行機に乗り継ぎたいんだよ

と伝えると職員の男はこっちだ!と言って手招きをしてきた

おや、いけるんか?と思って着いていくと直で乗り継ぎができるのは一部の航空会社だけで、残念ながらアエロメヒコは含まれておらず案内されるがままになっていたらそのまま空港の建物の外にそのまま案内された

なんやねん

結局直で乗り継ぎできないのかよ

到着したのはターミナル2だったが、アエロメヒコはターミナル3らしい

「ターミナル3は向かって左の方だ」と言われ建物の外に出て左の方へ200mくらい歩いたところでターミナル3を発見し、出発の3時間くらい前だったが手続きをを済ませ時間になり、あっという間にアメリカを出国し、メキシコへと旅立った